It's scream style.

アクセスカウンタ

zoom RSS ガイドセッティングにつきまして

<<   作成日時 : 2017/02/17 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ご無沙汰しております。ブログ放置すみません。いろいろと進めてはいるのですが筆不精ということもあり気が付いたら時間がすぎております。

11mmφをつかめるオリジナルのチャックも完成してます。2ozクラスまで使えるロッドもいいところまで来てます。2ozのビッグベイト?も仕上がり、塗装治具とパーツができれば量産を開始します。難航していたアルミダイキャストの黒アルマイトがうまくいったので黒いグリップを作成中です。(ただもう何か月もパーツ待ちで、いつになるのやら・・・ですが。)まあスローペースではございますが色々と進めてます。


ところで以前ブログでも書いたかもしれませんが、今まで使っていたフジ工業のTOPガイド、T-FSTとT-LNSGが製造中止の件。TOPガイドには使えそうな代替え品がいくつかありそうなんですが・・。


オーシャンガイドT-MNST

画像


はPEラインも絡みにくくて良いのですが、ゴツくて長くて重いので敬遠していました。うちのロッドは細いから見た目のバランスも悪いですし。しかしこの度、シンプルなT-KGST

画像


がリリースされましたので今回のGB-1505ヤマブキより採用。何で今まで無かったの?ってくらい秀逸?当然な形状です。何故先にT-MNSTをリリースしたのか悩むくらい。

ちなみにその他の変更点ですがTOPガイドと1〜3番ガイドまでを#7から#6に小径化。今までの自分の基準ではリングサイズ#6は見た目がやや小さい!と思っていたのですが昨今の超小径化ブームで目が慣れてきましたw。じゃあ#5とか、いや#4も使えば?と言われれば、やっぱりまだ目が慣れてませんのでつかいませんw。というのは冗談でT-LNSGには#6までしかラインナップにないので使えないのです。

画像



もし#4とか#5があればGB-1510から採用してたかもしれません。

ではT-KWSG(昨今の低くてラインが絡みにくいけどフレームが太くて長過ぎるガイド)なら#5とかあるので使えるのでは?

画像




いや、採用しないです。低くてラインが絡みにくいけどガイドフットが長過ぎるんです。#5、#6あたりまではそんなに長さを感じ無いのですけど、#8〜12あたりはかなり長い。

T-LNSGの#12のフットレングスは25.0mmに対して、T-KWSGの#12のフットレングスは33.4mm。つまり8.4mmも長い。



画像


もっとライトフレームでガイドフットの短いのがあれば採用します。


とは言っておりますが、実はGB-1510をテストしている時にT-KWSG#5〜6とT-LNSG#8〜12でセッティングしたことがあります。

ガイドは10個必要になりました。ここまで多いと見た目にうるさいのとブランクウエイトの増加が気になりました。

ただ、キャストフィールはかなり良かったです。低いガイドはラインがブランクに沿うのでネジれやブレがほぼゼロになっているんでしょう。特にテイクバック時にブランクが素直に曲がっている気がしました。大げさに言えばガイドを付けて無い感じみたいな。

ベイトキャスティングロッドはブランクからラインが離れるほどブランクのネジれが増すので、キャスティングフィールは悪くなっていきます。極端に言えば小径ガイドセッティング以前のガイドフットの長いスピンニグロッドにベイトリールをセットしてキャストするような感じでしょうか。

リング位置が低いことはブランク性能をフルに発揮できて良いのですが、今度はブランクが曲がった際にラインがブランクに当たりやすくなってきます。

それを避ける為にガイドとガイドの間隔を狭くしていくのですが、そうするとセットするガイドの数が増えてしまう。海の船釣りロッドみたいに凄い数のガイドをつければブランクにラインは当たりませんけど。

ただ、僕らの釣りはキャスティングなので、釣りの最中においてラインがブランクに当たることはほとんどありません。ファイト中くらい。いや、ファイト中にいたっても全ての時間ではない。だからあまり気にしなくて良いとは思っているんですけど・・・。

いやマジで結構悩んでいます。#5あたりからはじめて9個位でセッティングするのもアリなんだろうな〜と。


あと大問題なのがT-LNSGも製造中止決定なんですよね〜。


ではこれからどうしよう?って悩んでいたら良い知らせが!!と、言いますか結構前にロッド工場さんから新製品ガイドの案内ファイルがメールで届いていました。グリップの新製品関連がメインだったので、どうせ関係無い!っと思ってファイルを開いていませんでした。本当にすみません。

ファイルを開けてビックリ!これがなかなかの希望通りのガイド!その名もT-LRVSG-S!


画像


リングの傾斜に意味があるとは思えませんが何よりガイドフットのレングスが短いのがイイ!T-LNSGよりも短いんですよ!これならブランクのテーパーに影響がかなり少なくなる。リングサイズはいまのところ#6〜12までしかありません、が、本当に良かった!T-KWSGの大きいサイズが本当に嫌だったんですよね。だからT-LNSGが製造中止と決まった時はかなり凹みましたよ。T-KWSGのガイドフットを削って短くするしか無いのかな〜と落ち込んでいたところだったんです。


欲を言えばサイズも#5から作って欲しいです。

何でリングを傾斜させるんですかね〜。リングをグリップ側に傾斜させるセッティングだとガイドフレームとの相乗効果でラインのバタつきを抑えるとか・・・?

と推測してたら何と!

T-LRVSG-Sは通常とは向きを逆にして装着するらしい!




マジか?てことは推測とは全然違うw おっと、『糸絡み自動解除機能』の為の逆付けと書いてます。何だろう、『糸絡み自動解除機能』って。逆向き(T-LNSGと同じ向き)の方がガイドフットがラインのバタつきを抑え込んで糸絡みしない気がするんですけどね〜。フジ工業クラスの会社だとスーパースローモーションカメラで検証してるはずですし。youtubeにも色々動画ありましたしね。

ん〜好きじゃない・・・。

スクリームの推理では・・・傾斜させるってことはリール方向から見るとリングが横楕円になるってこと。つまりキャスティング時にレベルワインドが左右に動くタイプのリールを使用した場合にのみリングとラインの摩擦低減が期待できることになる。

そう、フジ工業には間違いなく猛烈にオールドABU好きのトップウォータープラッガーが存在するハズです!
ガイドフットの意味はわかりませんw

でも本当に楕円リングのガイドっていいかも!グリップ手前1つか2つくらいしか使っても意味ないですけど。しかもオールドABU限定ときてるところがイイ!

とにかくT-LNSGの生産中止が決まったこれからは、ガイドセッティングにはブランドそれぞれの個性が出そうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
ガイドセッティングにつきまして It's scream style./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる