It's scream style.

アクセスカウンタ

zoom RSS GB−1506

<<   作成日時 : 2007/04/25 00:18   >>

かわいい ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

==========  GB-1506  ====================
画像






グラスとカーボンのコンポジットバランスにより、
グラスの粘りとカーボンの軽さと張りをほどよく融合し
ロッドウェイトをあまり増やさずトルクのある肉厚ブランクに
仕上げることができました。

これにより「細い」=「弱い」という概念を打ち破り、軽量かつ
トルクフル。張りとしなやかさをあわせ持つロッドが完成。

■ロッドウェイト

32グラムというロッドウエイトは、同レングスのグラスのトップ
ウォーターロッドの約半分〜2/3という軽さ。

長時間釣りしてても疲れないので正確なキャスティングと
丁寧かつ繊細なルアーアクションの継続が可能です。

■キャストフィール

ブランクはなぜブレるのか?
「曲がる」からブレるんです。クロスのパターン、スパイン
ねじれ、弾性、繊維の向きなど他にも色々原因はありますが
曲がらなければブレません。ブレることが出来きないのです。

「GB-1506」はカーボン繊維の持つ特性を生かし
張りがあり細くて軽い仕上がりとなっているため
空気抵抗も少なく振り抜けが良いブレにくいロッドです。

また、グラスもコンポジットした肉厚ブランクなので、
細く軽いけれどオンスクラスのルアーでも不安を感じさせない
トルクフルな仕上がりとなってます。

ブランクはキャスト時、振りかぶり負荷がかかると、
一番柔らかい(曲がり易い)方向に曲がろうとします。
それがブランクの一番ブレない安定する向きです。

ベイトタックルのキャスティングはリールを左横65度位の
位置に傾けてキャストします。その時ブランクの上面に
一番安定する位置がくるようにするのが一番ブレないと考え
「GB-1506」をセッティングしました。

具体的なフィーリングは5/8〜3/4ozクラスまではブランクに
ウエイトをため込まずにシャープに振りぬく感じです。
それ以上になるとウエイトに比例してブランクに乗せる感覚が
強くなっていきます。しかし一般的なグラスロッドの感覚とは
まるで違い振り抜けはかなり良いです。

■ルアーの操作性

ひょっとしたら「固い」と感じる方がいらっしゃるかもしれません。
「固い」のではなく「張り」があるのです。ショップで振るだけでは
わかりにくいかもしれませんが、曲げてみると以外な程すんなり
曲がることが分かると思います。

「張り」があることにより、トゥイッチ時のティップの戻りが
早くなるため、柔らかいグラスロッドでは難しい抵抗の大きい
Wスウィッシャーの連続高速ターンも簡単に可能になります。

また「張り」=「高感度、高伝達」とも言えます。
より正確にルアーの感触がブランクから手に伝わり
そしてアングラーの意思もルアーへ伝えやすくなります。
即ち、ルアーのターンの距離、スピードなど、思いどうりに
動かし易くなるということです。


■ 「オリジナルフェルール」

画像
画像


フェルールが曲がったり折れたりした経験が私には
無いのですが、今まで何人かの方からそういう話を
聞いた事があります。

ですからブランクのインサート部分ごとグリップに装着する、
フェルールに負荷のかからないデザインにしました。
何よりも、スッキリしててカッコいいです!!(笑)

=======================================

以上が「GB−1506」についての簡単な説明です。
まだまだたくさんあるのですが、とてつもなく
長くなりそうなのでこのへんで(笑)

それにしても言葉だけで説明するのは難しい・・・
私の脳ミソではこれが限界。
釣りだけではなく、勉強もちゃんとしておけばよかったと
今さら後悔しています。
言いたいことを頑張って読み取って頂けると有難いです。
すみません(^-^;)

色々と偉そうに書きましたが、「こういうロッドが作りたい」
という私の思い、わがままを見事に形にして下さった
ブランクメーカーの方の技術があったからこそ
実現できたことです。

最初私が欲しいと思っていた
「しなやかで張りがあり、細くて軽いがトルクフル」という
相反する性能を求めるのは正直自分でも無茶を言っている
つもりでいました。
しかし「できますよ!」というブランクメーカーの方の
心強いお言葉。

何度も試作を重ねて頂き、私の理想とする形に近づいてくる度
嬉しくてニヤニヤしながら空き地で何度もキャストを繰り返して
いました。そうしてどんどん私の思いが形となって「GB-1506」が
完成したのです。

ブランクメーカーの方はもちろん、ロッドビルダーの方、
また製作にあたり他にも多くの方の助言やご協力を頂き
実現することができました。心より感謝致します。

ルアーでもロッドでも何でもそうだと思いますが、物作りというのは
ひとりではできません。さまざまなプロの方の技術のもとに
成り立っているのだといつも思います。

塗料メーカー、塗料屋さん、塗装屋さん、金属加工屋さん、
材木屋さん、木工屋さん、他にも本当にたくさんのプロの方の
技術や知識を与えて頂いてスクリームの物作りがあります。

そんな中でそれぞれの仕事の奥深さに触れることができた時、
同じ”物を作る”ことを生業とする者としてものすごく刺激を受け、
励みになります。

思いを形にする。
それができる喜びを改めて実感しています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
GB−1506 It's scream style./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる